2009-05-24

ユニコーン蘇える勤労ツアー@日本武道館(5/22) 本編編

18時30分頃九段下駅に到着。
すでに駅構内にチケット譲ってくださいプラカードを持った人が多数。
地上への階段を上るとさらに増えて、歩道にプラカードの人がずらーーっと並んでおりました。
50人以上はいたのでは・・・。こんなにいるの初めて見た。
こんなにいると誰に譲ったらいいかわからん・・・と譲るチケットもないけど余計な心配してみたり。
いやーほんとすごいな。

門をくぐり武道館へ。

20090524_001.jpg

ユニコーーーーーン(笑)
広島球場よりは短いけど「コーーーン」ってのばすのがデフォになったのね(笑)

入り口付近には来月発売のユニクロTを着たマネキン5体。

20090524_002.jpg

良く見ると不気味だ(^^;)

長蛇の列のグッズ売り場を横目に会場内へ。
新型インフルエンザ対策に除菌ウェットティッシュが置いてあったので手をふきふき。
やはり対策がなされていますね。
グッズのEBIマスクを配るかと思ったけどさすがに無理だよねー高いもんね(苦笑)

席は天井桟敷席。2階南西X列。最後方です。うしろは立ち見のお客さん。
でもさすが武道館!いちばん後ろでもとっても見やすいです。
横すぎずステージ全体もバッチリ見えました。ここ2公演ナナメで見切れてたからなおさら嬉しい。

20090524_005.jpg

席からの眺めはこんな感じ。
お客さんの中にはお相撲さんもいました。さすがに目立ってた。

開演前はリミックスのユニコーンの曲が流れていました。
でもどうだろう。一度は聴いてみたいけど欲しいとは・・・思うかなぁ?
まもなく開演です、のアナウンスが流れてLEDに「WELCOME!」が出るともうすぐ始まる期待感が高まってお客さんも盛り上がる。
清志郎さんの曲もかかり、いつものsho-sho-jiもかかり、まもなく!

照明が落ち、幕が浮かび上がります。
阿部Bのオルガンの音で1曲目のひまわり。

1.ひまわり
初っ端の出だし、阿部B音外しました(笑)
前方のお客さんには阿部Bの笑い声が聞こえたそうな。
私も一瞬コケたけどすぐに音に引き込まれて集中できました。
客席が真っ暗なのでふるえるもん宝の赤い光がとってもキレイ。ツアー初期から比べると持ってる人増えましたねー。そんな自分も、ですが。
幕が落ちて光があふれて川西さんのドラムの大きな音が聴こえてメンバーが姿を現す。
普通にカーキツナギでした。テッシーはいつもの黒いキャップもかぶってます。
EBIちゃんが気持ち良さそうに頭を振りながらベース弾いてるのが印象的。

2.スカイハイ
民生の声がすごい。今まで聴いたなかで一番の迫力かな。
ウォー!とかイェー!とかの叫び声も多くてこちらも盛り上がる。
アーティストがそういう感じに気合い入ってる様子だとこちらも嬉しいですね。
あとEBIちゃんの激しいベースがこれまた印象的。この日はEBIちゃんもすごかったなー。

3.おかしな二人
ここで初めてスクリーンにメンバーが映るんですが、この画がとってもいいのです。
5分割でそれぞれの表情がちゃんと見える。ここからでは見えない川西さんの表情が特にいいのよねぇ。
この曲はほんと盛り上がる。そのためか会場サビ大合唱。すごいーみんな歌ってる!
いつもなら周りで大きな声で歌われると不快なんだけど(お前の歌を聴きに来たんじゃない、と思う)今回は全然そのように感じなく、逆に不思議な一体感が生まれておおいに盛り上がった。
他の会場ではここまですごくなかった。なんかこの日はメンバーもお客さんもものすっごい、盛り上がっていたように思います。


■ MC ■
3曲終わって全員で大きくダブルピース。とりあえずダブルピース。しばらくダブルピース(笑)長いよ!(笑)客も合わせてダブルピースで応える。
第一声はEBIちゃん。

「こんばんはー!ユニコーンでーす!」

テンション高い(笑)
そんななか、後ろで阿部Bと川西さんがハイタッチ。そのあと仲良さげになんか話していた。
そしてEBIちゃんの

「武道館3日目です。もう庭みたいなもんですよ」

発言。余裕ですねーEBIちゃんたら。
民生がEBIちゃんのことを「堀内さんでしたー!」と言ったのを聴いてなんか新鮮な気分(笑)

続いてテッシー。この日武道館へ来る道を間違えたらしい。

「大丈夫です!もう道覚えましたから。でも今日で最後なんですけれども(苦笑)みなさんは大丈夫でしたか?道違えませんでしたか?あー、ここにいるってことは大丈夫ってことか」

そしていつものようにこの3曲で力使い果たした、みたいなことを民生が言っていました。

「あとはちゃーをーごにしーつつ・・・」

ごにしーって(笑)

4.ボルボレロ
恒例のEBIちゃんの第一声は
「ぶどーかんっ!!!」
(笑)なに?なんなんですかこのかわいさは!!めちゃくちゃキュートな声(笑)
EBIちゃんの声は昔に比べて甘く丸くなりましたねぇ。
そして今日もテッシー一生懸命マラカス振ってました。

5.黒い炎
いつもならペケペケなのになぜかステージが暗転。なんか様子が違うな・・・と思ったら♪パララッパララッ~とラッパの音。
わ~~~黒い炎だ~~~!ここで変えてきましたか!
EBIちゃんのシャウト。ウォンチュッ!!ですよ!いやぁ嬉しい~(笑)
ボルボレロではEBIちゃんの声甘いわーと思ったけど一転、この曲では昔の声に近い感じ。
「♪夜の落とし子~」のところドスが効いてました。
あぁリアルダーティーフォーティー(笑)
ちなみに民生はドラム。川西さんとのツインドラムでした。迫力あり!

6.働く男
いつもならここでMC。なのに水の流れる音が聴こえてきた。
あぁっこれは。もしかして。と期待を膨らませていたらば。
尺八のような音。ん??と思った次の瞬間きたーー!働く男だ!!
MUSICAで阿部Bが言っていた「謎のコード」がわかったのですね!
しかしちょっと音数が少ない感じがした。ホーンセクションが無かったのかな?
でもいい曲です。大好き。
ウッ!ハッ!が楽しかったなー。

7.オッサンマーチ
ラストのギターソロ、西へ東へ大活躍。そして合間に欽ちゃん走りも(笑)
そんなテッシーが一生懸命ギター弾いてる間、他のメンバーまったり休憩中。なんだこの温度差(笑)
川西さんだけはテッシーに合わせようとタイミング計ってました。

8.キミトデカケタ
阿部Bと一緒に出だしのカウントを取るのはいつもの通り。
「♪キミトデカケタ~~」でお互いの指と指を合わせてます。
そのあと前に出てきた川西さんにびっくり。上半身水かぶったみたいに色変わってました。
ものすごい汗なんですねー。
このあとどっかで民生に、

「実は汗と見せかけて裏で水かぶってきてるんですよ。川西さん演技派ですから」

なーんて言われてたり(苦笑)

9.ブルース
キミトデカケタが終わり川西さん、すばやく袖に引っ込んで暗転。
いつもだったらすぐ「おはよう!」なのにあれれ?と思っていたら暗がりの中でヘルメットかぶってる姿が見えた。ということは。
ブルース?!そしてトランペットの音。やっぱり!
緑のヘルメット・ハッピ・扇子姿の川西さん登場。扇子になんか書いてあったけど見えなかった。
オリジナルは民生がボーカルだけど今回はこの曲を作った本人自ら歌うんですね。
しかしあまりの音の外しっぷりに腰砕け(笑)
でもねー、かっこいいんだ。親方。
途中ブレイクが入り、EBIちゃんの「任せてください!」の声。
あまりの声にひっくり返りそうだった(笑)当のEBIちゃんも自分で大ウケ(笑)
ドラムは民生。スティックの先にフサフサしたものがついたスティックで叩いてました。
味があるいい曲だな。

10.AUTUMN LEAVES

11.デーゲーム

12.最後の日
阿部Bがアコーディオンをスタッフにかけてもらってます。
その間他のメンバーは休憩。川西さんは一服。
そしたらそのまままったりモードになってしまいなかなか始めようとしない。
始まらないからあまりの重さに耐え切れなくなった阿部B、一旦アコーディオン下ろす。
それを見てさらに休憩するメンバーたち。「あー」とか「ふぅ」とか本気で休憩してるよ(笑)
そこでテッシーが「やるぞ!」とハッパかける。がやろうとしない。というか民生と川西さんがやろうとしない(笑)
再度「ライブやるぞー!」とテッシー。
ようやく民生が「ライブやるってさ」とひとごとのよう(笑)
あ、やるんだ、という感じで阿部Bアコーディオンを持とうとするがすごい重そう・・・。EBIちゃんに手伝ってもらい、さらに襟も直してもらいスタンバイOK。
で、全員の大きな掛け声で演奏スタート。
なんだろうこのグダグダ(笑)でもそんな様子をニヤニヤしながら私たちは見ているわけです。
全員の大きな声のカウント、よかったなぁ。マイクを通さなくてもはっきりと聴こえたのが嬉しい。

ひとつアクシデント。
民生が思いっきり歌詞間違える。
「♪幕ー引ーきのカーテン~」のところを「♪グラースーにシャンペーン~」と歌っちゃった。
「あっ!(笑)」とか言う声聞こえましたよ。
めずらしく盛大に間違えましたねぇ。
「♪終わらないで終わらないで最後の日~」のところ、ほんと心の底から終わらないでーと思った。今日が自分にとって本当に最後の日なんだなぁと感慨深いです。

13.PTA~光のネットワーク
みんなふるえるもん宝を持って準備オッケー!赤い光が壮観です。
イントロで「TOKIO」のフレーズ。YMOのテクノポリスのサンプリングが使われてた。
TMのサンプリングだったら面白かったなぁ。けど使うわけにはいかないか(苦笑)
ポニョを持った阿部Bいつものようにカメラ目線。
民生カメラ、今回はいつもより引き気味。おかげで顔がLEDで見切れて見えなかった。楽しみにしてたのに。
ラッパー2人は手ぶらで登場。いつもの白いバッグなし。
どうやら武道館はステージから会場にモノ投げちゃいけないんだそう。なので今回投げ込みなし。
そのかわりラッパーたち掛け声で盛り上げる。
その掛け声に民生がツボッたらしく笑って歌えない状態に(笑)
最後は阿部Bのライトセーバーで川西さんがバッサリ斬られる。
EBIちゃんにはなかなか斬りかからない。焦らしてる。斬られ待ち状態です。
そしてさんざん焦らしたあげくお尻に突き刺す(笑)そして自害。
なんでか最後にチャンチャン音がでましたねー。倒れながらもしっかりポーズとる阿部Bステキ(笑)

14.WAO!
PTAから間髪入れずに川西さんのドラムが始まる。
急いで阿部B、テーブルに小道具をセッティング。なんか色々持ち込んでる模様。肝心のカウベルはお立ち台のところに。
ドラムセットから降りてきた民生、ポーズを取りつつセンターへ。
テーブルの上にはまず木魚。「これか?」と手に取り演奏ブレイク→民生叩く。「ポク!」
「違う~」と言って別の楽器(名前わからない)。演奏ブレイク→民生叩く。「カンっ!」
「ちがーう!」。次の楽器(これも名前わからない)を手に取る。ここで民生すでに笑ってます。演奏ブレイク→民生叩く。「ビヨーン」
「・・・・(笑)」ものすごい脱力する音だわ(笑)
という感じでオチ3連発。こんな小芝居を経て、カウベルを発見。
長かった(笑)川西さんお疲れ様です。
カウベル鳴って阿部Bのカウントの声が聞こえるとゾクゾクするほど盛り上がる。
なんだかんだでこの曲が一番楽しいなぁ。

15.BLACKTIGER
EBIちゃんのベースソロで始まった。ステージを右へ左へ動きながらフレーズを弾くEBIちゃん、かっこいいねぇ。
でも曲が始まるとあの犬声なのです。しかも今回すごい高かった。キャンキャン!って感じ(笑)
かっこよかったりかわいかったり、不思議な魅力のある人だな。

16.R&R IS NO DEAD
阿部Bの歌声とバンドの音、そんな音の迫力を一番に感じるこの曲ですが、川西さんのドラムがとにかくすごい。頭ぶんぶん振りながら叩く様は、まさにマグマのドラミング。
いつもは民生も大きなアクションでギターをかき鳴らしているのですが、この日はなんだか神妙なギタープレイの印象。大事に大事に弾いてる感じ。最後の音ひとつまで丁寧に出してる、そんな印象でした。
炎のトーチがステージ両脇に4本づつと、1階席東西にも4本づつあり。炎の熱気がこちらにも伝わってきました。

17.サラウンド

18.大迷惑
これも恒例、テッシーの大迷惑前のMC。

「盛り上がっていきましょうか」

そしたら民生が「もっと盛り上げろ」とダメ出し。
それを受けてテッシー「○×△■※~~~!!!」と叫んだけど、何言ってるのかわからなかった(笑)
わからないままイントロが始まったので花火に対する心の準備が間に合わない!
他の方のレポを見ると、毎回この花火に民生がかなりびびってるらしいので注目しようとしたんだけどあまり良く見えず・・・。なんとかちょこっとだけ見えたけどあまりびびっていなかったように思えた(苦笑)
サビでコーラスのEBIちゃん、間違えたような気がしたけどどうかな?民生と違う歌詞を歌ってたような(気のせいかも)。
最後に短くドラムソロ。合間に民生が「川西幸一!もうすぐ50!」。なんつう紹介だ(笑)さらにしつこく「50!50!」と連呼。あんまり言うもんだからドラム叩き終わった川西さんに「うるさいっ!(笑)」って怒られていました。

19.ヒゲとボイン
上記の流れで、民生のMC。

民生「(川西さんを見て)この50が先に辞めたわけですが・・・」
川西「(立ち上がってぺこり)すいません!」
民生「辞めたあと助けてくれたのがこの人。古田たかし!」


おー、横浜に続き再度しーたかさん登場です。
そっか、だからこの日はカーキツナギだったのか。
ステージに登場のしーたかさん、メンバーと握手。テッシーとはハイタッチ。

民生「いがみあっていたこの二人が今和解しました!」

またそのようなことを(笑)
川西さんとしーたかさん、手を振って(違う違うって)と言っている。

民生「あんなに憎み合っていた二人なのに!」

そこで川西さんとしーたかさん抱きあう。お約束(笑)
そんなお二人のドラムによるヒゲとボイン。ツインドラムの迫力ってものすごいですね。音が単純に2倍ってのもあるんだろうけど、ドスンドスン響きまくってました。非常に気持ちよいです。

20.車も電話もないけれど
サビからしーたかさんのドラムが入ります。
民生のハンドマイク姿といい、歌い方といい、ほっとする曲。民生の声、曲によって歌い方がかなり違うのに驚かされます。
ラストの音を止めるところがお気に入り。スタッとキレイに止まるんですよね。
しーたかさんはここで退場。ダブルピースで笑顔で去って行きました。

21.HELLO
ひたすら聞き入ってしまう。耳をギューッとつかんで離さない、そんな魅力のある曲です。音の力ってすごいなぁ。しかし少々ピッチ早め。



長いですねぇ。一旦切ります。
阿部ショーのアンコール編につづく→→→


■2009.05.22 日本武道館 セットリスト■

01. ひまわり
02. スカイハイ
03. おかしな二人
04. ボルボレロ
05. 黒い炎
06. 働く男
07. オッサンマーチ
08. キミトデカケタ
09. ブルース(川西Vo.)
10. AUTUMN LEAVES
11. デーゲーム
12. 最後の日
13. PTA~光のネットワーク~
14. WAO!
15. BLACKTIGER
16. R&R IS NO DEAD
17. サラウンド
18. 大迷惑
19. ヒゲとボイン(+しーたかさん)
20. 車も電話もないけれど(+しーたかさん)
21. HELLO

encore1
22. 人生は上々だ~忍者ロック~人生は上々だ

encore2
23. すばらしい日々

theme : ユニコーン
genre : 音楽

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

matsurin

ブログ内検索
月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク集
いつもお世話になっています(^^)/
RSSフィード
QRコード
QRコード