--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-02-11

サントリー白州蒸留所

珍しく祝日にお出かけしてきました。
高速道路、休日は半額!(ETCで100km圏内)お得ですよねぇ(^^)
行き先はおととしの夏にも行ったサントリー白州蒸留所シャトレーゼ工場見学です。

昼ごろのんびり山梨に向けて出発。
途中のSAで職場の人に会ってびっくりしました。こんなトコで会うとはー!

13時ころサントリーに到着したらちょうど見学に出発する時間。いちばん最後に入れてもらえました。
待ち時間ナシでラッキー♪

20090211_002.jpg
↑受付はココ。ミュージアムになっています。

20090211_006.jpg
↑蒸留所。ここで原酒を発酵させてウイスキーの元を造ります。

20090211_013.jpg
↑ここは立ち入り禁止。ガラス越しでの見学。ピカピカしててなんかカッコイイ。

蒸留段階では無色透明の液体なんだとか。
室内はフルーティな香りで充満していてなんだか美味しそうでした。
実際飲んでみるとマズイらしいです(もちろんここでは飲めませんよ)。

20090211_011.jpg
↑リチャーという工程の見学。ウイスキーを詰める樽を燃やしてます。

20090211_009.jpg
↑だんだんと炎が大きくなってきます。熱気で熱い!

樽の中を燃やすことで余分なアルコールを飛ばし、ウイスキーの香り・色も付くらしいです。
職人さんの見事な手際の良さに見学者から拍手喝采でした。
あ、このあともちろん火は消します(^^;)

20090211_008.jpg
↑見学時に乗ったバス。敷地が広いのでバス移動。

このあと実際に樽につめて保管しておく部屋に案内されたんだけどそこは撮影禁止。
ここはとにかくウイスキーの香りがものすごく強いです。
お酒に弱い人はこれだけで酔っちゃうそうですよ。
びっしりと棚に樽が積まれていて、樽詰めした年が刻印されてました。
一番古いので1973年。というのもこの年に白州蒸留所が造られたからなんですね。
自分の生まれた年のウイスキーあるかなー、なんて探してたのにあるわけなかったか~。ガッカリ。

見学後は試飲タイム。
ちゃんとフロアに案内されてテーブルについてゆっくり味わえます。

20090211_007.jpg
↑運転手はソフトドリンクで。隣はここのチョコレート。

まず白州12年の水割り(1:1)とハイボールが出されます。
そのあと、飲み比べってことで山崎12年の水割りも出てきます。
しっかりグラス1杯あるのでウイスキー好きな人は嬉しいですね。
ドライバーやお酒の飲めない人にはソフトドリンク。
なっちゃんオレンジと伊右衛門と南アルプスの天然水が飲めます。
ちゃんとおつまみ(チョコレートとナッツと源氏パイみたいなの)もあるので大満足。これでタダなんてお得~。

ワタシは実はウイスキー苦手なので運転手。オレンジジュースを飲んできました。
今度は天然水工場の見学をしたいなー。(同じ敷地内にあるのです)

HPを見て行くと記念品がもらえます。
今回はグラスでした。お土産にグラス買っちゃったよ・・・。

theme : ちょっとおでかけ
genre : 旅行

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

matsurin

ブログ内検索
月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク集
いつもお世話になっています(^^)/
RSSフィード
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。